ひょうたん物語

身体にやさしい 串揚げ―。   旬の食材にこだわりメニューは季節替り、健康にこだわり米油100%を使用し  「胃もたれ」「ムカツキ」「ニオイもなし」単品でも、コースでも   お好きなスタイルでどうぞ。

その昔、夕暮れ時ともなると大阪の町中に一本一銭の「串カツ」の赤提灯が灯ったそうな。

豚や玉ねぎの串カツを二度づけ禁止のソース瓶にどっぷりとつけ、男たちがフーフーいいながら
胃袋を満たしとったんやと・・。


今でこそ「創作」、「季節の」、「京風」など、趣向を凝らした「串揚げ」という料理のジャンルが
確立されて、その店の多くはカップルや女性客が中心のいわゆる「オシャレ」な食べ物ということに
なっています。

僕も初めてこれを堪能したのが二十歳を少し過ぎたころで、食べ方も知らなかったのですが、
「とにかく美味しかった…」。

その後この道に入って勉強をしながら、あちこちの串揚げ店を食べ歩きました。
そして思いました。

「自分も店をやりたいな・・・」
「自分のお店を作るなら絶対に負けない何かこだわりがないと・・・」

そのひとつが揚げ油にこだわること。

「胃もたれやムカツキ」を起こさず、衣服や髪の毛につくニオイの心配も無いので、
きっとこれまでの揚げ物のイメージが変わってしまうでしょう。
そして何よりお菓子のようなサクサク感です。

それともうひとつ、「美味しく、ゆっくりと楽しいお食事のひと時を過ごしてもらえる店づくり」です。

日本にはせっかく四季があるのですから、メニューはいつでも旬の味覚を味わって
いただけるように季節替わりにする。全てのコースに定番、人気、季節の種が
惜しみなく入ります。

串揚げはお客様のペースを見ながら魚介、肉類、お野菜をバランスよく一本ずつ
お揚げしていきます。次に何が出てくるのかなぁ?というわくわく感や、意外な
食材の組み合わせの美味しい発見も楽しんでみてください。

それぞれの串揚げに合う食べ方をアドバイスさせていただきますが、味の好みは十人十色。
やはり、お客様のお好きなように食べてもらうのが一番だと思っています。

串揚げ ひょうたんの始まり-。

東京で修業を重ね_。「福岡に串揚げを広めたい!」

1999年当時、福岡では「串揚げ・串カツのお店」は40店ほどしかありませんでしたが、
福岡に串揚げを広めたいという想いから、あえて、串揚げ専門店をオープンすることにしました。
(福岡市早良区有田にて)

お店の名前は、東京の修業時代に住んでいたアパート”メゾン・ひょうたん”から名づけました。
いつも、初心を忘れないようにですね。 笑

ふたを開けてみれば

「地元のお客さんに喜んでもらいたい」という想いは早くも空回りしました。

お客さんの多くは「お酒が飲めればそれで良い」「とんかつ?」「天ぷら?」
「刺身はないの?」と、串揚げには興味をもってもらえない方が多いのが
現状でした。

開店からひと月も経つともうヒマな店になってしまいました。

お客さんが来ないと、店の中から窓の外を恨めしくみつめるだけなのですが、
店前を行き交うのは犬の散歩やウォーキングのご年配の方ぐらいで、ときには
牛や馬が横切ることさえありました。

やるしかない…

開店早々に強烈なアウェーの洗礼を受けましたが、不平不満を言っている場合では
ありませんでした。僕の両肩には家族の生活や借金がずっしりと圧し掛かって
いましたから。 笑

思い切った価格で安売りをするとか、刺身や焼き鳥を出してなんでも屋にしてしまうか…。
色々悩みましたが、やはり答えは「串揚げ専門店を極める」でした。

「まだまだ福岡には串揚げの美味しさを知らない人がたくさんいるから、その人たちに
串揚げの魅力を伝えたい」と、一点突破でそれから約5年間は我ながらよく闘い続けたと
思います。

西新本店の始まり

2016年に大通り沿いへ拡張移転しました。

創業から、本当に苦労の連続でしたが…。気付けば、ひょうたんの串揚げを求めて
来店される、地域のお客様で店は満席になるようになりました。振り返れば、苦労の
間にも多くの人たちの応援がありました。

そんなときに、チャンスが巡ってきました。
福岡市内で民芸店などを営む家主さんがひょうたんの串揚げを気に入って下さり、この場所を
使わせていただけることになったのです。ここ(現在の本店)は、昭和初期の古民家で、中庭に
ある井戸は戦後当時に地域の生活水として、西新の町を潤してくれていたそうです。

地域の人たちに愛されていた井戸、中庭には小鳥のさえずり。ひょうたんも皆様に愛される店に
したいという想いと重なり、ここしかないと即決しました。(2005年春)

表通りからは建物の影も形も見えない細い小路の奥の奥でしたが、当時西新にはなかった串揚げは
地域の方にとても喜んでいただけて、一度ご来店いただけたお客様が知人をご紹介してくださるなど、口コミでひょうたんの串揚げを広めてくださるようになりました。

博多店

2007年に中央区今泉に二号店を出店、2009年に赤坂へ移転。

2011年に博多店を移転オープンしました。

地下一階の隠れ家的店舗で、オフィスビルの建ち並ぶ立地ですが、お客様はビジネスマンや
OLさんだけでなく、ご家族連れから若い方のデート、ご夫婦でのお食事など、様々なお客様に
来て下さっています。

別館

そして、2013年に西新本店の斜め向かいに、西新別館をオープンしました。
テーブル席を多く用意し、ご家族連れや団体様にもご利用しやすいお店にしました。
2016年 西新本店拡張オープンに伴い本店へ統合、閉店。

これからも・・・

・ひとりでも多くの方に、目にも美味しく心も満たせるような串揚げを知ってほしい。
・身体にやさしい串揚げを、小さなお子様からご年配の方まで安心して楽しんでほしい。

これからも、美味しい楽しいヘルシーな串揚げを目いっぱい揚げていきます。
皆様のおかげで、串揚げひょうたんは2014年で創業15周年を迎えることができました。
今後とも、よろしくお付き合いください。